妊活中から葉酸摂取

赤ちゃんが欲しいと思い、妊活を始めようと決めたときから摂取しておくと良い栄養素があります。
それは葉酸です。

葉酸は、妊娠に必要な成分として、注目を集めている成分なので、既にご存知だという方も多いのではないでしょうか。

葉酸は、ほうれん草から発見されたビタミンB郡の仲間であり、ほうれん草やブロッコリー、モロヘイヤなどの緑黄色野菜に多く含まれています。

葉酸には、妊娠中の母親や胎児に良いさまざまな効果を期待することができると言われています。
母親のお腹の中にいる胎児は、母体の血液から栄養をもらって成長していきます。

そのため、妊娠中は、通常の状態よりも多くの血液が必要とされます。

葉酸には、血液をつくる作用があるので、体内で作られる血液の量が増え、血液の巡りがよくなると、母体にも胎児にも良いだけでなく、血液の巡りが良くなると卵巣機能が向上するので、受精卵が正常に成長することから、流産や死産の予防にもつながります。

また、血液の量が増えると、子宮内の血流も良くなるので、子宮内膜が強化されます。
子宮内膜のが適度な厚みを持ち、柔らかい状態になると、受精卵が着床しやすくあるので、妊娠の確率が高くなります。

妊娠をすると、生まれてくる赤ちゃんが健康に生まれてくることができるかどうか心配になるものです。
赤ちゃんは、1個の受精卵から細胞分裂を繰り返して成長していきます。

特に妊娠初期は細胞分裂が盛んな時期なのです。
この時期に葉酸を摂取すると、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低下させることができることが判明しています。

葉酸の摂取に関しては、厚生労働省も推奨しており、母子健康手帳にも予算の必要性が記載されています。

葉酸の摂取を始めるのは、妊娠をしてからでも遅くはないのですが、赤ちゃんが欲しいと思い始め、妊活を始めようと思ったときから摂取を始めたほうが良いでしょう。

葉酸は、胎児の細胞分裂が盛んな妊娠6週頃までに摂取をすると、赤ちゃんの障害のリスクを軽減させることができます。

一般的に妊娠に気づくのは、妊娠4週目に入った頃と言われているので、葉酸は妊娠が発覚する前から摂取を始めていたほうが良いのです。

葉酸は、食べ物から摂ることができ、葉酸が多い食物としては、野菜では、アスパラガス、枝豆、オクラ、春菊、ブロッコリー、ほうれん草、モロヘイヤ、動物性の食物としては、うなぎ、いくら、牡蠣、レバーなどがあげられています。

しかし、妊活中から妊娠初期までの間は、葉酸の目標摂取量は1日当たり400マイクログラムと言われています。
女性の1日の葉酸の平均摂取量は230マイクログラムと言われているので、通常の食事では目標摂取量に届かないという場合が多いです。

食物に含まれている葉酸は、水に溶けやすく、熱に弱いので、調理をするとかなりの量が失われてしまいます。

そのため、食事では、50%程度しか葉酸を吸収することができないと言われていることからも、食事では十分な量の摂取が難しいということが分かります。

効率良く葉酸を摂取したいと思っている方には、葉酸が配合されたサプリメントの摂取がおすすめです。
厚生労働省も葉酸を食事とサプリメントから摂取することを薦めています。

サプリメントは、栄養素の吸収率が高いので、妊活や妊娠中に必要な葉酸の量を1日数粒で補うことができます。
妊娠中は人によってはつわりがひく、食欲がなかったり、食べ物のにおいが気になって食べることができないという人もいます。

つわり中もサプリはにおいも味も気にせず気軽に摂ることができます。

妊娠をすると、母体はもちろんのことですが、胎児にも栄養を与えなければいけないので、栄養バランスが摂れた食事が必要になります。

葉酸が配合されたサプリメントは、葉酸以外にも妊娠中の体に必要な栄養素が配合されている商品も多いので、栄養バランスが気になるという方は、必要な栄養を摂ることができるサプリを選んでみてはいかがでしょうか。

サプリの摂取を検討しているけれど、妊娠中は特に副作用が心配だという方も少なくはないようです。

葉酸は、体内に蓄積する成分ではなく、不必要な分は尿などから体外に排出される成分なので、副作用の心配はほとんどないと言われています。
定められた摂取量を守って摂取していれば安全に摂取することができますが、過剰に摂取したときは、副作用のリスクがあります。

先にも述べたように、妊娠中の葉酸の目標摂取量は400マイクログラムです。
過剰摂取量は1000マイクログラム以上と設定されているので、この数値を超えると副作用が起こることがあります。

葉酸を過剰摂取したことにより起こる副作用としては、食欲不振や吐き気、むくみ、不眠、ひどいときは呼吸障害が起こることがあるので注意が必要です。
また、過剰摂取は胎児にも影響がある場合があるので、摂取量はしっかりと守って摂取することを心掛けておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です